捻枝で新世界を切り開く

ビニールハウスのトマトは順調です。
ミニトマトが若干ひょろひょろっとしていますが、全体としては特に問題ありません。
ちょっとオンシツコナジラミが増えてきている気がしますが、これはまた対策しておきます。

ハウス栽培なんてやったことないので色々と想定を越えるようなことも起きています。

とにかく生長が早い。
まだ6月下旬だというのに僕の背丈をあっというまに追い越していってしまいました。
もう支柱の先まで到達してます。
9月まで収穫を続けるとしたら、このさきどうなっていくんでしょう。

いくつか対策はありますが今回は捻枝をしてみることにします。
捻枝というのは読んで字のごとく、枝をねじることです。
トップまで来た枝をねじって今度は地面に向かって枝を伸ばしていく方法です。

写真だとわかりにくいですが枝がV字に折れています。
パキッと折れたりしないの?
と思われたあなたはするどい。
そうならないようにねじるのがコツなんです。
あとパキッとならない時間帯というのがあるんですよ。

捻枝以外の方法としては
2本仕立てや3本仕立て
連続摘心法
などで上へ伸びるスピードを遅らせることが可能です。
今年の結果次第で来年以降の栽培方法が変わることでしょう。

関連記事

  1. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  2. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  5. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  6. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか