恵みの雨

ちょっと日記の更新が久しぶりになってしまいました。

さて今日は一日中雨。
こんなときは家にこもっているのですが、昼間にちょっと傘をさして畑に行ってみました。
恵みの雨をうけて野菜たちがどんな顔をしているのか見てみたかったんです。

最近、晴れがつづいて地面がカラカラでした。
野菜たちも成長を止めてじっと耐えている感じがありました。
それがなんと、命の水を浴びて元気になっているではありませんか。
明らかにぐっと成長しているものがあります。
葉の色が濃くなっているものもあります。
これでもかってくらい降りましたが、植物にとっては本当に恵みの雨だったに違いありません。

松本自然農園では人為的に雨を降らせるようなことはしないで天候に任せた水管理なので、成長が不安定になって出荷に影響が少なからずあります。
それでもやっぱり自然にまかせると野菜は生命力があふれた元気で健康に育つので、できる限り余計なおせっかいをしないようにしてきます。
多少出荷が不安定になっても、野菜の持っている力を自然に則して最大限に引き出せるように栽培していくのが松本流。
それが野菜のためならがんばります・・・。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  2. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  3. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  4. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  5. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  6. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね