御飯とパンの持続力

高気圧と低気圧が急ぎ足で移動していくので、このごろは天気の移り変わりがものすごく早いですね。
しまった雨が降る前にやっておけばよかった!
という後悔が多いのもこの季節です。
週間天気予報を頼りに、作業がバチッとはまるような綿密な計画を立てていかねばと思っている次第です。

貴重な晴れを利用して、今日は午前中に苗を植えていました。
せっせせっせと手足を動かしていたのですが、10時半をすぎたあたりから体の動きが鈍くなってきました。
手に力が入らない・・・。

ようするに腹が減ってきたというサインなんですが、いつもよりも早い時間帯のカラータイマー点滅にびっくりしたわけです。
うーん、そんなに激しく動いてないんだけどなぁ。

と、ふとひらめいたのが朝食のこと。
いつもは御飯を中心にした和食なのですが、今日はたまたま食パン。
食パン以外はいつもの和食メニューというアンバランスな朝食でした。
これかなぁ。
パンとかパスタってエネルギーに変わるのが早いっていうからね、昼までエネルギーの放出が持続されなかったのかもしれない。
どうやら僕の体は御飯じゃないとダメらしいです。
御飯で生きている体のようです。

関連記事

  1. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  2. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  3. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  6. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ