年初

あけましておめでとうございます。

年末年始はしっかりと、だらだらと休みを頂きました。
家にいるとついつい仕事をしてしまうんですが、今回はそういったこともなく完全オフ。
休日らしい休日になりました。

そのおかげで、仕事はじめになった今日は体が動かなくてペースがつかめず。
慣れというのは恐ろしいもんですね。
ひとまず2月末までの出荷を滞りなく進めて、それと平行して来年度の作付けや種まきをやっていきたいと思います。
今年度の反省をしっかりと生かしながら来年度もがんばります。

・・・文章がいまいち膨らまないので2010年の反省をひとつ。
発送には宅配便を利用していますが、クール便を使うのは毎年だいたい5月~9月いっぱいのことが多いです。
ところが2010年は残暑が厳しく10月に入っても25度を超える日が多々あったため、クール指定をしなかったことで野菜が暑さで傷むという失敗をしてしまいました。
あちこちからお叱りを受けて大変反省しております。
10月にクール指定するかどうかは気候を見て判断していますが、その判断を誤らないように充分に気をつけようと思います。

というわけで今年も松本自然農園をよろしくお願いします。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  2. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  5. 夏野菜の苗で50穴セルトレイを使うのは理由がある

  6. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?