小面積に向くレタスの収穫法


韓国焼肉で有名になったサンチュ。
いわゆるレタスですが葉が厚いので焼肉を巻いて食べるのに適しています。
パリッとした食感を生かしてチャーハンに入れるのもアリかと。

多品目栽培で野菜セットを販売していく場合、一気に収穫してしまう野菜よりも長期間にわたって収穫を続けられる野菜は非常に重宝します。
たとえば小松菜を出荷しようとすると、収穫適期が短いので数週間おきに種をまく必要があります。
レタスについても同様で、1年のうちに何度も種をまいて収穫時期をずらしながら長期にわたって出荷していくことになります。
ところがサンチュはこのセオリーを無視できます。
大きくなった外の葉から摘み取るようにして収穫していくので、株そのものはずっと畑に残ります。
摘み取ってしばらくすると生長して再び収穫できるようになります。
トウが立ってしまうまで、当農園なら約2ヶ月間はずっと収穫を続けますので小さな面積で大きな働きをしてくれるありがたい存在として君臨します。

難点は収穫にかかる時間。
株ごとカットしてしまうよりも収穫に時間がかかります。
面積を使ってジャンジャン収穫していくか、手間をかけて小面積で手堅く収穫していくか。
面積をとるか手間をとるか、という選択ができますね。

少量多品目で野菜セットを考えている就農希望の皆様、ぜひチマ・サンチュをお試しください。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  2. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  3. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  4. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  5. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  6. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です