寒いと見学に来ないね

最近ひまです。
なにがって、見学者がほとんど来ないんですよ。
松本自然農園が落ちぶれてしまったのかと心配になるくらい。
落ちぶれたのか?

畑が忙しい夏・秋にはこれでもかというくらい見学にいらっしゃいます。
仕事に支障が出るくらい問い合わせがきます。
でも今はどうでしょう。
仕事は忙しくないからどんだけでも対応できるのに、見学自体さっぱり入らない。
たしかに畑には寒さで痛んだ野菜ばっかりなので見るところないかもしれませんけど、新規就農希望者なんかはじっくり話を聞けるので今の時期はお勧めですけどね。
まあ無理に来いとは言いません。

多品目栽培によって労働時間は飛びぬけたピークをつくらず均一になるように仕組まれているけど、見学者対応までは操作できません。
できれば9月上旬~10月中旬の一番忙しい時期は問い合わせすら避けてほしいところですが、そんな内情はみなさん知らなくていいことですしね。
なんかうまい手ないかな・・・。

関連記事

  1. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  2. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  5. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  6. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある