夏野菜がそろそろ消えてなくなりそうです。
夏に採れていた野菜で今でも収穫しているのは
ナス、ピーマン
くらい。
これらは秋に食い込んでいても不自然じゃないので、完全に秋野菜に移行したといってもいいかもしれません。
とはいえ品目数はまだ少なめ。
もう2週間ほどほしいところです。

夏野菜は実のなる野菜が多いです。
トマト、ナス、ピーマン、オクラ、ゴーヤ、キュウリ・・・
そして伸びてくる茎や葉を摘み取る野菜も多いです。
モロヘイヤ、ツルムラサキ、空芯菜・・・

これはつまり、一度苗を植えてしまえば夏の間はずっと収穫が続くということでもあります。
ということは、毎週のように同じような野菜がセットに入ってくるということです。
今年の夏もまさにそんな感じでした。
少しずつ違う野菜を入れるようにしていましたが、基本的にはいつも同じ。
7,8,9月はだいたい同じような内容が続きます。
これは出荷していて申し訳ないなぁと思っています。

でもそれが自然なんですよ。
なりつづける実を放っておくわけにもいかないし、夏に小松菜や水菜や大根なんかをつくるのは現実的ではないし。
飽きないように珍しい品種を入れたりしてますが、なかなか難しいです。
定期宅配している農家ならではの悩みですね。

これが秋冬になると状況がかわります。
株ごと収穫する野菜が多いので、同じものを毎週出さなくてもOK。
寒いので野菜の生長は遅く、しばらく畑で待機しておくことができるので毎週出さなくてもOK。
先週はこの野菜を出したから今週はコレ。
なんていう選択ができる強みがあります。
そういう意味では秋冬はけっこう気持ちがラクかな。
畑に残っている野菜がなくなってくると不安になりますけどね。

夏には夏の、秋冬には秋冬の悩みがあるという話でした。