夏秋混在で畑フル活用

今年から新しく借りた畑は、生態系バランスがめっちゃ不安定なためハクサイや菜花は苗を植えてすぐに虫害で消滅しました。
カブやホウレンソウも発芽後に虫害で姿を消しました。
なのでネギやジャガイモなど作付けできる野菜は限られています。
今後はここにタマネギとニンニクを植える予定。

一方、就農当初から借りている旧下山村にある畑は、車で片道25分ということもあって手のかかる野菜や収穫が長期にわたる野菜は作付けできません。
たまにしか行かないので目が行き届かず、せっかく植えても収穫までたどりつかないこともしばしば。
なので今秋はなにも植える予定はありません。
来年はここを手放すつもりです。

となると残っているのは夏にメイン圃場として活躍した畑。
半分ほどは水はけが悪くて使いづらいですが虫害が少なくて野菜は作りやすい圃場です。
将来的にもここがメインになることは間違いないでしょう。

そのメイン圃場。
作付けがパンク寸前です。
ほかの畑にまわせない秋冬野菜がすべてここに集中しているため、休んでいるところがないくらい何かしらの野菜が植えてある状態。
空いているところも次に植える野菜が決まっている『予約済み』。

一番奥にある三角スペースは管理しにくそうだったので今まで草ボーボーで放ってありましたが、ここすら耕してキャベツやコールラビ、レタスの苗を植えました。

約3反(3000㎡)がフル回転しています。
来年は家の周辺でもうひとつくらい農地を借りないと面積が足りないかもしれないなぁ。

関連記事

  1. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  2. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  3. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  4. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?