土手草刈りはあなどれない

土手の草を刈りました。
暖かくなってワサワサと生えてきていた草をバッサリと芝生のように刈り上げます。
これで管理圃場のほとんどがおわりました。
なんせ山間地なので平地に比べると圃場周りの土手が広い。
借りた面積の3分の1が土手、という畑もあるので大変です。

そんな土手草刈り。
月に一回程度は定期的に刈ってあげる必要があります。
どんどん草が伸びてきますから。
これをちゃんとやっとかないと
松本さんに田んぼ貸してもちゃんと管理してくれんぞ
という噂が広まって、今後ほかの農地を借りにくくなります。
逆にちゃんと管理しとくと
うちのも松本さん使ってくれんかのぉ
と向こうから話がやってくる引く手あまた現象が起こります。

野菜の栽培とは関係ないので後回しになりがちな土手草刈り。
だからこそ重要な仕事に位置付けたいものです。

関連記事

  1. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  2. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  3. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  4. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  5. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  6. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!