労働時間は減るけど見学対応時間が増える季節

10月も下旬に入ってきて、ようやく作業に余裕が出てきました。
いや、正直言うと研修生ががんばってくれるので10月中旬くらいにはずいぶんラクになってたんですが、気持ちにも余裕が出てきたのは最近のことです。
畑に残っている大きな作業は、タマネギ・エンドウ・ソラマメの苗を植えること、サトイモ・ジャガイモ・ヤーコンなどの収穫、栽培終了したところの片付け。
こんなところです。
どれも一刻を争うような仕事じゃないので、時間を見つけながらこなしていけばOKですね。

作業が減ってくるのと入れ替わるように見学・農業体験などの訪問希望が増えてきています。
9月から見学者の受け入れを止めていたしわ寄せが来ているものと思われますが、自分が播いた種とはいえなかなか大変です。
いやいや、うれしいんですよ見学自体は。
ただ多すぎると自分の時間がなくなっていくようでさみしいなぁという話でして。
10月はあと1週間ですが6件の予定が・・・。
11月はすでに4件ほどの予定が・・・。
うーむ、1ヶ月5件ほどが理想だと感じているんだけど、それだけ世の中の農業に対する関心が高まっているということなんだろうか。
しばらくは手を打たないで様子を見てみようかな。
11月は見学には最適な季節だし。

関連記事

  1. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  2. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  3. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  4. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  5. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  6. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!