今日も出会いに乾杯!

人生は日々出会いです。
今日も出会いがありました。

今日の出会いは特別、いつも特別だけどさらに極上です。
石川ファーム
愛知県岡崎市で松本自然農園とほとんど同じことをやっている農家さんです。
うちよりも長くやられているので先輩でもあります。

岡崎市というと豊田市の隣ということもあって商圏がかぶってしまうので、そんな競合農家を紹介していいのかと思われるかもしれませんが、やはり志を同じくする仲間ですので当ホームページを見てくれている方々にも知ってほしいです。

さて石川さんですが、僕よりも数年先を走っているだけあってすばらしい野菜をつくります。
そして饒舌、でも物静かな印象もあり。
さらに理念もしっかりしているとあって感服の一言です。
参考となることも多々あり、惜しげもなく情報提供してくれるあたりは敵対農家という表現があてはまりません。
連携農家と言ってしまいましょう。

農家が連携していくとどうなるか?
農家同士のつながりが濃くなってネットワークができれば、消費者にとっても近くから野菜を購入できるようになるでしょう。
そういう意味ではやはり石川ファームとは深くつながっていく必要がありそうです。

それにしても石川ファームは今にぎやかです。
石川ファミリーは総勢6名にもなります(子供含む)。
わいわいがやがやと畑で仕事をするのって楽しいだろうなぁ。
僕はまだ一人さみしく畑に行きます。
野菜たちに声をかけながらさみしさをまぎらわすことにします。
おはよー、今日も元気かい?
大きくなれよ〜ってね。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  3. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  4. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  5. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  6. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える