久々の援農隊

営業部長である”嫁”の知り合いが午後から遊びに来ました。
畑手伝いますよ~という好意をありがたく受け、苗の植付けをやってもらいました。
菜の花の苗です。

60mの畝を一列、ぜんぶ菜の花で埋め尽くす予定です。
しめて600本。
去年の3倍です。

人手があるのをいいことに大量の苗を植えてもらいました。
 

さすがに4人もいれば素人集団とはいえ速い速い。
あっという間とはいきませんが、思ったより速く作業が終了しました。
ありがたいことです。
ありがとう、おつかれさまでした。

今回わかったことがひとつ
苗を植えるのって性格が出るみたいですね。

植えた苗の列がくねくねと曲がっていたり、きっちりとまっすぐ植えられていたり。
苗の扱い方、植えるときの丁寧な仕事ぶり。

ひとつひとつの仕事が性格を的確にあらわしているようでおもしろかった。
自分の性格が知りたかったら農作業を手伝ってみるといいかも。

関連記事

  1. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  2. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  5. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  6. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える