不織布の保温効果


写真をごらんください。
植えてあるのは水菜。
手前と奥で生育に違いがあるのがわかるでしょうか。
両方とも種を播いたのは2月5日。
奥は不織布という丈夫な障子紙のような布をかけてありました。
手前はなにもなし。
不織布はもちろん保温効果を狙ってのことですが、まさかこんなに生育に差が出るとは思いませんでした。

自然農法だからそんな資材を使うんじゃない!という方もおられるでしょうけど、なるべく年じゅう野菜を切らさずに出荷しようと思ったら頼らざるを得ないところもあるわけです。

いつ出荷を再開するの?と気になってきたころかと勝手に推測してますが、いま収穫できるのは
ラディッシュ、水菜、赤からし菜、ベビーリーフミックス、三陸つぼみ菜、紅菜苔
といったところです。
生育状況に載せていない野菜が多々ありますが気になさらないように。
うちは隠れ野菜がけっこうありますからね、買ってみて「初めまして」ってのもいいじゃないですか。

野菜セットが成り立つにはちょっとまだ早いかな・・・。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  2. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  5. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!