トマトやカボチャは目が疲れるくらいたくさんの品種があって、どれを栽培しようか迷うくらいですが、レタスも負けず劣らず多品種です。
いま栽培しているのは

こんなのや

こんなのも

彩り豊かに

変わったやつも

とまあ4種類ほど栽培しています。
作りやすいし変わった品種が多くて楽しいのですが、あんまり作りすぎても売れないので制限しています。
遊び心は必要ですが、遊びじゃないので食べてくれる人のことを考えて栽培しないといけない。
そのへんのバランスのとりかたが非常に難しい。

トマトは5品種。
カボチャは3品種。
春じゃがはなんと1品種のみ。
どれも売ることを前提とした品種選定です。
2年ほど前はトマトだけで14品種つくったこともありましたが、手がかかるだけでロスが大きかったような気がします。
経済学だったか
主力7割、次期候補2割、新規開拓1割
の割合で商品を分散するといい、みたいなことを唱えている考え方があった気がしますけど、品種の話はまさにこれに当てはまりそうです。
自信をもってセットに入れている品種に加えて、主力になりうる美味しさをもった品種も栽培しつつ、遊び心から生まれる新顔の登場に期待して栽培する品種もある。
へちまやホオズキなんかは新規開拓1割にあたりますね。
ホオズキはヒットして主力メニューに昇格しましたが、へちまは降格。
そういう変遷を繰り返しながら野菜セットは年を重ねるごとに進化していきます。
5年目のセット、果たしてどうなりますか。