モノを無くすのは疲れている証拠か?

9月に播きたいタネはおおかた播き終りました。
あとは冬用のレタス、赤ほうれん草、小松菜あたりを播いてしまえば10月に入るまでは予定がありません。
ほっと一息ついています。
とはいえ秋野菜の間引き菜が出てくるまでは気が抜けません。
なんとか夏野菜に9月いっぱいくらいまで頑張ってもらえるよう手をかけて、秋へのバトンをしっかりと渡していく予定です。

例年よりはドタバタせずに作業をこなしているつもりですが、なんだか最近はよくモノを無くします。
以前は収穫用ハサミをよく無くしていましたが、どうも大型化の傾向があります。
三角ホー、アメリカンレーキ。
これらは無くしてから数週間後に見つかっています。
どこにおいたかわからなくなる、という感じですね。
畑が増えたことの弊害かもしれません。

今日はなんとデジカメをなくしてしまいました。
どこに置いたのか、どこでなくしたのか、まったく覚えがありません。
オレンジのケースに入っているので畑に落ちていたらすぐにわかるのですが・・・。
畑にあるのかすら不明ですが、なんとか雨が降る前には見つけたいなぁと思っています。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. ズッキーニの収穫作業から顧客の顔を想像する

  3. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  4. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  5. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  6. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか