マルシェ・ジャポン・プロジェクト

マルシェ・ジャポン・プロジェクトって知ってますか?
大都市における仮設型直売システムで、いわゆる朝市ですね。
農林水産省による助成事業で、都市の生活者と生産者を直接出逢える場となることを目標にしています。

農水省によると事業の目的
大都市における農産物等の販売機会を創出し、生産者所得の向上を図るとともに、都市住民の農業に対する理解促進を図ります。
となっています。
いろんなホームページやらブログを見る限りでは少なくとも生産者所得の向上にはなっていないようで、けっこう赤字になってしまうところが多いみたいですね。
出店料をとられたうえに交通費がかかり、一日売り子をする人件費、収穫・出荷調整の労力を考えると5万円以上売り上げないと赤字だそうですが、僕の見積もりでもそれくらいの売上がないと所得向上の点では出店する意味がないですね。
野菜で5万円売り上げるってものすごく大変なんですけど・・・。
単純に売上どうこうじゃなくて宣伝や顧客開拓を目的にすれば有意義な事業であると思います。

つい先日、「事業仕分け」でマルシェ・ジャポン・プロジェクトが廃止の判定になりました。
今年の9月に始まったばかりなのに・・・。
3年くらいは続けるという話だったのに・・・。
12月から名古屋でも開催されることになっているのに、あっという間に消えてなくなるんだろうか。
僕もいちおう出店しないかと誘われてるんですけど、なんだか不安になってきました。
農家を振り回してバイナラするのはやめてくださいね。

関連記事

  1. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  2. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  3. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  4. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  5. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  6. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です