研修生OBから依頼のあったホームページ作成講座。
雨だったので急きょ開催しました。

インターネットから注文を受けるようなホームページ、中途半端に人を雇うよりも強力な営業ツールですが、いまや商売していてホームページを持つのは当たり前になっていますしネット注文を継続的に受けるというのはそれほど簡単なことではありません。
栽培に集中したい農家にとってはさらにハードルが高いです。
ただ作ればいいってもんじゃありませんから。

インターネット通販した経験があればわかりますが、このサイトからだったら買ってもいいという雰囲気があるはずです。
そのサイトがブログであっても、です。
農家がホームページをつくってやってしまうのは、とりあえず作ってみた、最終更新日が2年前、日々の作業日誌的に更新、工事中のページが多い、などなど。
お客さんの立場からみれば買いたいとは思いません。
僕はWEB関連の仕事をしたことがないので素人ですが、素人なりに松本自然農園のホームページを運営していて気を付けていることはあります。

誰に対してのサイトかを明確にする(文章の方向性)
豊富な情報量
常に更新されていること(あんまりできてない時もあるけど)
同業他社にはない特徴をもつ

素人っぽくなくプロに依頼した感じでもなくサイトをデザインした、というどうでもいいこだわりもありますが、おもには上記4つを気をつけています。
客観的にみてこれくらいはおさえていないと買う気が起こりません(たぶん)。

ついついホームページを作る技術的な部分に目がいって、「オレはコンピュータに弱いから無理だ」「松本くんはSEだったから出来るんだよ」と思いがちですが、作成そのものは支援ソフト等がかなり充実しているので素人でも簡単に作ることができます。
へたにhtmlを駆使するよりも立派で優秀なホームページがつくれます。
大事なのはそこではないんですが。
実店舗を開くよりも敷居は低いですが、競争から抜け出すのは実社会より大変です。
ネットの世界はそういうところです。

あんまり詳しく書いて同業者が検索上位に上がってきても困るのでこのへんでやめておきます。