ビービーキュー

前回やったのはいつだったか、いや初めてかもしれない。
現・研修生やらOB研修生やら近隣農家やら、たくさん集めてバーベキューやりました。
酒を飲んで語り合うことで見えてくるものもあるでしょう。
たんに楽しく飲んで明日からまたがんばろうと活力になるでしょう。
少なくとも明日は仕事にならない、ということだけは分かっています。

アルコールがあってもなくても、みんな話すこと話すテンションはそれほど変わりません。
いつもの雑談をしている感じ。
それもいいでしょう。

ひとつわかったことは、豊田にやってきて一人で農業をはじめたときにくらべて、ずいぶんとにぎやかになったこと。
立場的に、悩んでいることを相談したり弱音を吐いたりできないけど、愚痴をこぼせる仲間が増えたなぁとしみじみ思いますね。
みんなが一人前の農家として成長して、対等になんでも話せる仲間になってくるといいなぁ。

たのむぜみんな。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  2. モロヘイヤの初期収量をアップするには

  3. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  4. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  5. 食用ホオズキの大いなる可能性

  6. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?