パパイヤ栽培向上委員会

昨年から栽培するようになったパパイヤ。
お遊びでやっている部分が大きいですが、昨年は収穫まで至らないという失敗があってくやしかったので今年はけっこう真剣に管理しています。

どうでしょう?
この樹だけを見ればなかなかの出来ですね。
ただ、樹によって果実のつき具合がぜんぜん違っていて、同じような草姿なのに果実がひとつもない樹もあります。
全体としてはまだまだ。
台風により葉が半分以上落ちてしまったり樹がバタバタと傾いたりしていますが、果実はほとんど落ちずに残ってくれているという強さはうれしい。
そして10月という野菜の少ない時期に収穫できるのが大きい。
確実に着果できるようにして、収穫数を上げるためにさらに早めの種まきをしていけば、たんなる遊び野菜じゃなくて戦力として松本自然農園の力になってくれるはずです。
今、畑に野菜がなくてヒーヒー言ってるのでパパイヤ構想をしっかりと暖めて来年以降ラクをしたいと思います。

ところで、

パパイヤは皮を傷つけられると白い乳液がどんどん出てきます。
パパイン酵素とかいう液体らしいです。
輸送時に衝撃で痛んで乳液まみれになったらどうしよう・・・とか心配しないといけないデリケートな野菜です。
あ、松本自然農園ではパパイヤを青いうちに収穫して野菜として出荷していきます。
完熟させられるほど温暖な気候の地域じゃありませんからね。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  2. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  3. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  4. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない