ネギを救済


育苗ハウスではすでにキャベツやブロッコリーの苗作りが始まっています。
ということは・・・そういうことです。
6月下旬のような長期旅行には行けません。
まあ苗がなくても今の作業予定を考えると旅行は無理ですけどね。

昨日のジャガイモに引き続いて野菜の救済第二弾。
今日はネギを助けました。
かなり放ったらかしだったので草ボーボーです。
今年から借りた畑なので肥料の具合がわからず、草にも負けてネギは今にも土に還ってしまいそうな状態でした。
冬の間はネギを出荷しつづけるつもりなのであきらめてしまうわけにもいかず、鎌でやさしく丁寧に時間をかけてネギ以外の草を刈り取りました。

たった50mを終えるのに1時間半。
草取りにこんなに時間をつかっていたらネギの単価が上がってしまいます。

草が小さいころに除草する、ここだというタイミングで肥料をあげる。

など適切な管理をしていれば労働時間も最小限に抑えられます。
わかってるんですけどね、なかなか・・・。
今日は反省しきりでした。


ネギ畑に来たついでに圃場まわりの草刈りもやりました。
汗びっしょり&くたくたです。

関連記事

  1. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  2. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  5. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  6. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる