トマトといってもいろいろあります


この写真は二つともトマトです。
本葉が2枚ほど出たところでポリポットに鉢上げした今日の写真。
双葉まではちがいがわからないのですが、本葉が出てくるとまったく容姿がちがいますね。
この先の容姿もたぶん違うんだろうなと思いますが、やっぱりトマトはトマトなので似たような成長をするはずです。

今年はトマトをたくさん作ります。
量もさることながら品種も多いです。
このなかから雨よけなしの露地栽培に向く品種を探していこうとたくらんでいます。
雨が多い日本の気候にはトマトは合わないので、だいたい営利目的で栽培されているトマトはビニールハウスでつくられていることが多いのですが、設備にコストがかかるのは勘弁願いたいところなので雨に強い品種を選ぶことにしています。
手間がかかるうえに病気にかかりやすく、雨で果実がわれてしまうことが多い。
そんなやっかいなトマトは夏の主力商品です。
トマトがない野菜セットは、豚肉が入っていない豚汁のようなものです。
松本自然農園にぴったりマッチするトマトを早く見つけたい・・・。

関連記事

  1. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  2. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  3. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  4. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  5. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  6. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?