サトイモには防水軍手が似合う

サトイモとヤーコンの収穫をしました。
畑に太陽が当たらないうちから作業していると寒くていかん。
そんなに朝早くからやってるわけじゃないけど、山間地だから日が出るのは遅い。
最近は9時をすぎないと太陽を拝むことが出来ません。
太陽を浴びた瞬間の幸福感はなんともいえません。
生きててよかった、って感じです。


サトイモの収穫は泥との格闘。
湿り気たっぷりの土をサトイモの根ががっちりとつかんでいるので、土を払い落とすのはひと苦労です。
真っ白だった軍手はあっさりと土色に染まります。
軍手をしているのに手は泥だらけ。
ついでに服も泥だらけ。
なんでだ?

防水のきいた軍手じゃないとサトイモの収穫には役に立ちませんね。

関連記事

  1. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  2. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  3. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  4. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  5. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  6. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?