サウナ風ダイエット装置

やたらと暑い今年の夏。
まあ今年に限ったことでもないし、このくらいで文句を言っているようじゃ今の仕事を続けていけませんけど、ちょっとバテています。
農作業は朝の涼しい時間帯にやるとか休憩をこまめにとるとか、なんとか対応できるのですが、どうにもこうにも苦しいのが軽トラックでの配達。
週に2回、軽トラックに野菜を積み込んで豊田市内を回るのですが、15時以降の運転にもかかわらず車内が暑すぎて倒れそうです。
エアコンがないので窓を全開にするしかなく、送風機能はあるものの外気に影響されるので生温かい風が入ってきて不快そのもの。
車から降りたときに猛暑のはずの外が涼しいと感じるくらい車内が暑い。
熱中症になるんじゃないかというくらいですね。
配達を終えて帰宅するとぐったり、というのが最近の状況。

配達前の車を太陽にさらさないように遮熱する。
座席シート下にあるエンジンからの熱を断熱材などで防ぐ。
うちわを持っていく。
エアコン装備の車に買い替える。

対策は色々ありそうですが、そうこうしているうちに秋がやってきます。
なにも対策しないまま過ぎていくんだろうなぁ。

関連記事

  1. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  2. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  3. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  4. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  5. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  6. トラクター必須 思い込み問題