ゴールデンタイムではありませんが

つい先日、テレビの撮影が入りました。
前回はいつだったかなぁというくらい久しぶりのことです。
2日間に渡っての撮影にぐったりしていますが、どんなふうに編集されるのかちょっと楽しみです。

もしかしたら研修生が、もしかしたら松本家みんなが出演するかも?というくらい色んなシーンを撮影しましたし、どうやら15分くらいの枠があるそうなので松本自然農園のすみずみまでご堪能いただけるかと思います。

企画は「うまい野菜を食べよう」。

今年に入ってから美味しい野菜について考えを整理して、3月の講演会でしゃべったばかりだったので、なんともタイムリーな出演依頼だなぁという感じです。

 

共演はお笑い芸人「もう中学生」さん。

レポート役として畑の中を歩き回っています。
もう中さんのハイテンションについていけない松本の様子、必見です。

 

東海地方限定ですがもし見られるようでしたらテレビの前で動く松本をご覧ください。
6月6日(木) 東海テレビ「スイッチ!」
午前9時50分~午前11時15分放送

平日の午前なので番組のターゲットは主婦。
松本自然農園の野菜を求めるのはたいてい主婦。
ということで出演をOKしておいてなんですが、注文が殺到するのを恐れています。
ホームページでは定期宅配を募集していますがそんなに空きがあるわけじゃないんですよね。
どうしよう?

 

 

 

 

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  2. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  3. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  4. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  5. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  6. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?