アハ体験は脳を活性化するらしい

第二子が誕生しました。

なんていうのはウソ。

実は双子でした。
というのもウソ。

友人が出産したので顔を見にいってきました。
うちの子から遅れること約2ヶ月。
髪の毛ふさふさ元気な男の子です。
抱かせてもらいましたが綿毛のように軽い軽い。
びっくりしました。

こうして新生児と瑞希を比べてみると2ヶ月でずいぶん大きくなったことがわかります。
毎日みていると大きくなったことに気づかないんですよね。
まだ産まれたてのころのつもりで抱いてますし。
最近重いなぁ・・・とは感じてましたが。
TVではアハ体験が脳を活性化する!とかやってますが、じわじわとゆっくり変化するとけっこう気が付かないもんですね。
驚きです。

野菜もおなじ。
毎日みていると生長に気づかないことがあります。

これはソラマメ。
植えた直後の苗です。
僕の頭のなかはずっとこのサイズ。

これが約1ヵ月すぎたころのソラマメです。
明らかに大きく生長しているのですが、こうして写真に残していないと
なかなか大きくならないなぁ・・・
と錯覚をおこしてしまうんです、僕の脳は。
1ヶ月経っていても脳内では植えた直後のサイズのまま。
アホちゃうか、と思われようが実際そうなんだから仕方ない。

記録を残しておくって大事です。
アハ体験するためにも写真はバシバシ撮っておこうと思います。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  2. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  3. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  4. 春に定植するときに気を付けるべき5つのポイント

  5. 食用ホオズキの大いなる可能性

  6. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ