アクセス数は元気の源

このブログにもホームページにもつけているカウンター。
サイトへのアクセス数を示しています。
ホームページを立ち上げてから数年後にブログを開設しているのですが、ブログのアクセス数がホームページのそれをついに越えました。
ホームページもそれなりにアクセスがあるんですが、ブログがそれを上回っているようです。

まあ当然ですよね。
ブログは記事がどんどん蓄積していくので検索で引っかかる確率があがっていきますけど、ホームページのほうは野菜の生育状況などを更新しても検索で引っかからないような構造になってますから。
わかっているけどなんとなくくやしい。
だってホームページつくるの結構苦労したんですよ。

新しく商売をはじめるとき、ホームページを作りたくなるでしょうけどブログから始めるのもひとつの手だと思います。
ホームページでアクセス数を伸ばしていくのはけっこう大変ですけど、ブログは検索して欲しいワードを散りばめながら記事を書き続ければそれなりにアクセスが見込めますからね。

僕にとってカウンターの数字は元気の素。
たくさんの人が見てくれていると思えば、ためになるオモロイ記事を書かなければという活力になります。
これから冬の間は畑に出る機会が減ってネタも少なくなってきますが、日々考えていることや就農ネタなどを提供できればと思いますので今後ともご愛顧くださいませ。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  2. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  3. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  4. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  5. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?

  6. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか