やっかいなブヨ

気温が高くてじめじめと湿気も高い。
なんとも働きづらい気候が続いています。
だれるくらい暑くてもいいからスカッと晴れて欲しいものです。
梅雨明けまであとすこし。

朝夕は虫に悩まされます。
ブヨらしき虫が顔の周りをブンブンブンブン。
10数匹飛びまわっています。
ただ飛び回るだけなら「目障りじゃのぉ。」くらいで済むのですが、顔に止まったかと思ったら
チクッ
という痛みが走るんです。
や、やられた!
と気づいたときにはもう遅い、血がでちゃってます。
そしてまもなく患部が熱をもってきて腫れてきます。

僕の場合は次の日にはすっかり腫れがひいて元に戻ってしまうのですが、人によっては腫れ・痒み・発熱などが1週間続いたりするらしいですね。
おーこわ。

そんなブヨなので刺されないように手で払いながら作業するのですが、刈払機などの機械を使っているときはどうしようもありません。
あっさりと血を吸われてしまいます。
今日も3箇所やられました。
不思議なことに左耳はあんまりやられないんです。
右耳は毎日のようにダンボになっているのですが。
なにかあるんでしょうか?
汚れた血が右耳に来ていて吸ってくれているとか。

日中の暑さと戦いながら農作業するか、それとも朝夕の涼しいときに虫と戦いながら農作業するか。
どっちもいやですね。

関連記事

  1. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  2. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  3. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  4. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  5. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  6. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた