たまったツケを清算する季節

最低気温がマイナスになる日が続いていますが、こんな日の午前中は土が凍ってしまって仕事の内容に制限がでてきます。
耕すなんてムリムリ。
残っているビニールマルチをはがすのも一苦労なのでやりません。
こういうときはビニールハウス内で育苗の準備をするか、夏の間にたまりにたまった資材等の片付けをするか。というあたりになりますね。
 
今日は数年前から畑に置きっぱなしになっているビニールハウス用資材の片付け。
草に埋もれてしまっていたものを引きずり出し、防草シートを張ってから置き直しました。
寒い日でしたがうっすらと汗をかくほどのよい運動になりました。
そのほかビニールマルチなどの廃棄資材を整理していましたが、環境保全型といわれる農業をやってるのにこんなにゴミが出るのかと悲しくなりました。
もちろんなるべくゴミが出ないように営農することもできますが、野菜を切らさずにバランスよくセットをつくっていくために目をつぶっている部分でもあります。
資材使用は手段です。
環境保全を気にするあまり、「美味しい野菜を食卓へ」という目的をおろそかにしないようにと思います。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  2. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  3. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  4. 食用ホオズキの大いなる可能性

  5. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  6. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う