すばらしいタイミングです

農地があと5a(150坪)は欲しいなぁ、とおととい書きました。
神様っているんでしょうか?
今日、とつぜん農地が降ってきました。

近所のおっちゃんが声をかけてくれて、
ずっと使ってない田んぼがあるんだけど使ってくれない?
というお誘いをいただきました。
願ったり叶ったり、どんな農地だろうとめぐり合わせてくれた好意は受け入れようと思っていました。

善は急げでさっそく見せてもらうことに。
道中はかなり細く車がすれ違えないほど。
距離的には家から3km程度なので遠くないのですがザ・山道と言わんばかりの道路にちょっとびっくりしました。
到着してみると周りは山に囲まれていました。
でも日当たりは意外に良好。
農地は1反(300坪)ほどのが一枚、5畝(150坪)が一枚、さらに小さいのが二枚ほどありました。
土質は分かりませんが軽く見たところ悪くなさそうです。
電気柵でイノシシ対策することが必須になるような山奥ですが、それは他の農地でも同じなので気にすることではありません。
外界から隔離された空間、といった感じで使いようによっては気持ちいいかもしれません。

自分から必死に探せばもっと条件のいい場所は見つかるかもしれません。
でもこういうお誘いを断ると「あー松本くんは面積拡大しないのね」と思われて次が巡ってこなくなりそうです。
よそからやってきた新参者ですし、ここはひとつ借り受けてみようかと。
10月から研修生もやってきますしね。

写真は撮り忘れました。
またの機会に。

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  3. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  4. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  5. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  6. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方