さわやかに奥深い内容で

また講演会の案内です。
今回は話す方向性が主催者側からとくに決められていないので、日ごろ考えていることをぶちまけたいと思います。
昨年のエコットークの内容をベースにしながら、有機野菜の美味しさの秘密に迫ってみたり、有機栽培の基本的な考え方についてわかりやすくお伝えできればと思います。
有機栽培やってみたいという菜園家、有機野菜を食べてみたいという方、松本自然農園の野菜に興味のある方、新規就農を希望している方など、いろんな立場の方が聞いても有益な時間をすごせるように構成しますので、平日ですが時間の取れる方はぜひ足を運んでみてください。
もちろん有給休暇とって来てくれてもいいですよ。

さわやか健康講座 第22回講演会
http://genki365.net/gnkt06/pub/sheet.php?id=66041

開催日 2013年3月25日(月)
開催時刻 13:30~14:30 
締切日 当日会場で先着順 
会場 とよた市民活動センター ホール(豊田市若宮町1-57-1 A館T-FACE9階) 

定員 先着60名様まで 
申込方法 当日来場可 
費用 無料

演   題:松本自然農園の取り組み
講 演 者:松本直之
講演 内容:
 1.自己紹介
 2.松本自然農園の概要
 3.有機野菜はなぜおいしいのか
 4.少量多品目産消提携型農業とは
 5.有機栽培という考え方
 6.ビジネスとしての農業

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  2. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  3. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  4. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  5. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・