うっとりグリーンベルト

神社大祭関連の仕事はようやく終わり、畑のほうも空きスペースが少なくなって落ち着いてきています。
秋野菜の播種が遅れたことで収穫開始も当然のように遅れていますが、それでもなんとか10月に入っていくつかの野菜は収穫が始まってきています。

先週はまだまだ小さかった野菜も、たった1週間で収穫できるサイズに育ってしまう今の季節。
ちょっとでも間引きのタイミングが遅れるとモノにならなくなってしまう怖い季節でもあります。
diary111007-01.jpg

こうやってちゃんとそろって育ってくれた姿は気持ちがいいです。
見る者をうっとりさせる魅力があります。
このまま収穫しないで放っておきたい衝動にかられます。

夏野菜が終わって、芋類が出てくるまでの期間は葉野菜全盛期。
大根やニンジンがなければ葉っぱばかりのセットになってしまいそうです。
あと1、2週間。
まだ気が抜けません。

関連記事

  1. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  2. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  3. トラクター必須 思い込み問題

  4. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  5. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!