あら今日は冬至だったのね

今日は一年でもっとも昼が短いとされる冬至。
そうです冬至です。
冬至といえばゆず湯・・・もいいですけどカボチャを食べましょう。

江戸の昔から、冬至の日にかぼちゃを食べると風邪や中風にかからないとか、福がくるなどといわれてきました。
いくら保存がきくカボチャでも年内には食べてしまわないと栄養価も味も落ちるよ~
ということから生まれた言い伝えのようですが、しっかり熟成されたカボチャをいただくとホントに元気になりそうな気になります。

うちでは今日、カボチャを食べました。
これで今冬は風邪しらず。
先週のセットには意図してカボチャを入れました。
まだ少し残っているので年内には出し切ってしまう予定です。
みなさんも風邪しらずで春を迎えましょう。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  2. 完璧を目指さないことの重要性。70点主義とは

  3. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  4. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  5. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  6. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!