IKEA(イケア)と観光農園の共通点

北欧生まれの家具販売店 IKEA(イケア)

IKEA(イケア)をご存知でしょうか。
北欧生まれの家具販売店イケア。
家具のデザインのよさ、充実したアフターサービス、リーズナブルな価格で大人気のブランドです。
僕が住んでいる地域では
豊田市の隣、長久手市にIKEAができて
休日のたびに大渋滞を引き起こしてます。
すごい人気なんですね。

イケア製品の多くは、競合他社の約半値。
それだけの安さは、
ふつうに家具を売っていても実現できるもんじゃありません。
安いのにはちゃんと理由があります。
IKEAでは、購入した家具を
顧客自らが手間をかけて組み立てなければならないんです。
梱包された材料だけ買って、車で自宅へ持ち帰る。
それを日曜大工さながらの手間ひまかけて
組み立てなきゃいけません。

購入者が組立作業を請け負っている形ですね。
本来なら販売側がやるべき工程を、
購入側にゆだねる。
焼肉もそう、お好み焼きやもんじゃ焼きもそう。
作る工程を手放しているんです。

もちろんメリットはあります。
購入者は組み立ての手間こそあれ安く買えるからうれしい。
IKEAは組み立ての人件費がカットできるから儲かる。
ついでに倉庫も省スペースで済みます。
win-winな仕組みになってるんです。

これと似たようなことを農業では
観光農園が実現しています。

観光農園は、イチゴやブルーベリーなど収穫体験ができる農園のこと。
お客さんに来てもらって、自分で収穫してその場で食べてもらう。
新鮮でおいしいし、摘み取りを楽しめます。
農園側は、収穫の人件費がカットできるから儲かる。
win-winな仕組みです。

観光農園は昔からあるのであえて仕組みを考えたりしないかもしれません。
けれども、
IKEAがどういう仕組みで商売をしているのかを
わかりやすく表現してみて、
それは農業に当てはめられないのか、
農家がその仕組みをパクれないかを考えてみる。

この一連の流れを
「メモの魔力」前田裕二・著では
抽象化→転用
というふうに表現していますが、
これができると
農業版IKEAな儲かる仕組みをつくることができるわけです。

たとえば
観光農園って
べつにフルーツに限ったことじゃないんです。
仕組みさえ理解していれば
トマトだってサツマイモだって、
これまで観光農園にならなかった作物でも
目玉商品にできます。

体験農園型のサラダバーとか
やってみませんか?笑

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 新規就農者が熟練農業者と対等に戦う方法

  2. 小さな農家には小さいなりの戦い方がある 弱者の戦略

  3. 入念なリサーチだけで新規就農は有利になる 競合とは?

  4. 競合する農家とは同じ土俵で戦わない

  5. 農産物の直接販売ではマーケティングを意識しよう

  6. 安全神話に頼り切った農家は綱渡りをしているようなもの