農業を始めようと考えてまず最初に決めるべきことは
自分がつくった農産物を誰に売りたいのか
だということを以前の記事で書きました。
最初に決めるべきは誰に商品を売っていくのか

誰に、というのは自分の商品を売っていく顧客もしくは見込み客のことです。
地元の農協に出荷していくのか。
らでぃっしゅぼーやなどの大手宅配業者と契約を結んで出荷していくのか。
卸業者をとおさずスーパーに直接売っていくのか。
レストランの契約農家になるのか。
家庭向けに直接お届けしていくのか。
ターゲットが明確になっていないと、どんな商品をつくってよいのかが分かりません。
誰に対して売っていくのかが決まってようやくスタート地点に立つことができます。

大切なのは、”誰”をはっきりと明確に絞り込むことです。
できるかぎり絞り込んでください。
そうしなければ栽培の方針も使用する資材も、場合によっては就農する場所さえ決まらないことがあるからです。

調理するシェフ
例をあげましょう。
たとえばあなたがレストラン向けに野菜を出荷していく、と決めたとします。
ターゲットは味にうるさい舌の肥えたフレンチレストランのシェフです。
そのシェフは、とにかく野菜に対して美味しさを求めています。
加えて非常に珍しい野菜を求めているので、欲しいものがあれば海外から直接輸入することもあるくらい探究心が強いです。
皿の上に小さく切った野菜や花などをちょんちょんと盛り付けるようなメニューがあるので、いわゆる一般的な野菜よりも小さなサイズを好みます。
たとえば一口サイズのジャガイモのような。
一方で、玉ねぎやトマトのようなスープやソースにして使用する野菜に関してはまとまった量を欲しがります。

そういうシェフがいるレストランに向けて野菜を売っていく。
というふうにターゲットを細かく明確に絞り込んでいくんです。
ここまでやると自分がどのような野菜を、どのような栽培方法で、どうやってお届けしたらいいのかが分かってきます。
とにかく美味しい野菜をお届けしなければいけないので、無農薬での栽培を選びます。
畑に入れる肥料にもこだわります。
フェンネルやアーティチョークなど家庭向けには間違いなく受け入れられない珍しい野菜を育てることになりますし、花を食べることを前提にしたズッキーニの品種を選ぶことになるかもしれません。
たくさんの野菜を育てて、多くの種類を提供できる体制をつくっておく必要がありますし、ソースとして使われる玉ねぎやトマトは栽培量を多くしておくことも必要でしょう。

このように、自分のお客様は誰なのか、どのような人に商品を提供したいのかを明確にすると、いろんなことが勝手に決まってくるんです。
有機農業をやりたい、というのも最初に決めることではありません。
農業をやりたい人のほとんどが有機農業に興味をもったりやりたいと思っていたりします。
その気持ちはわかります。
が、まず誰のために商品を提供していきたいのかを考えたうえで、そのために有機農業が必要ならやればいいと思います。
よーく考えてください。
この順序を間違えると失敗する可能性が高くなりますよ。
 

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機栽培農家・松本がやってしまった間違いとは?

農業をやりたいと考えたときに最も重要なことは

栽培技術の習得

であることは間違いありません。商品ができなければ何も始まりませんから。
ちゃんと作物を栽培できて、ある程度のレベルの農作物を自分で作れるようにならなければ、当たり前ですが買ってくれるお客様はいないわけです。
だから栽培技術を身につけることは最低限やらなければならないはずです。

じゃあここで、あなたが、農業のなかでも難しいとされる無農薬栽培に挑戦しようと考えていたら・・・。自分の育てたものを消費者に直接お届けしたいと考えていたら・・・。

それはほとんどの場合。
有機農業では王道とされる、野菜セット農家になるということです。
たくさんの種類の野菜や果物、米などを育てて、それを詰め合わせボックスという形でお客様へお届けする。
そういう農家です。

当サイトの管理者・松本は、この野菜セット農家になるときに大きな間違いをしてしまいました。

それは・・・

つづきはこちら