ふだんは日焼けに気をつけています。
農作業にでるときはツバが一周ぐるりとついている帽子を着用し、長袖シャツを着る。
暑くてもなるべく軍手をはめるようにして、肌が直接太陽に当たらないように心がけています。

それくらいやっても外での仕事なので日焼けします。
じわじわと黒くなってくるので秋口が一番濃いかもしれません。
でも近所の人に言わせると
松本くん全然日焼けしとらんなぁ、仕事しとるんか?
という程度です。
色白で一夏を越すのは無理だとしても、そこそこのラインで日焼けをおさえることができているのかもしれません。

それなのに、油断しました。
今日は帽子をかぶらなかったので焼けました。
顔が痛いです。
見学者が来たので外で長時間立っていたためです。
なんかしゃべりにくいのでこういうときって帽子かぶらないことが多いんですよ。
どんなときでも徹底して日焼け対策しないと。
見学者数に比例して黒くなっていくなんてゴメンです。
今度から帽子かぶろう。