農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
動画で農業

有機農業を行政が推進するのってどうなんだろう?

  私が農業をやっている地域、豊田賀茂地域で一年に一回だけ開催される行事 「有機農業に関する情報交換会」 が先日ありましたので行ってきました。 私には、、、 行政のやることにはいちいち反応してしまう悪いクセがあ …

スナップショット- 66

【告知】セミナー開催が決定したのでさっそく募集します

  2018年8月18日(土)に京都府南山城村にて新規就農セミナーを行います。 詳しくは下記チラシをご覧いただき、興味のある方はお申し込みください。   南山城村新規就農セミナーチラシその1 http …

クリップボード06

全力で生きると人生は楽しいぞ

  全力で生きることは素晴らしい。 大人になって自分は息が切れるほど全力で走っているだろうか、とふと考えてみる。 子どもたちは必死に生きてる。 全力で感情をむき出しにして生きている。 大人はどうだろうか。 そん …

クリップボード04

個の時代だからこそ小さな農家は活躍できる

  20世紀から21世紀へ社会は変化しています。 高度経済成長を続け、ひたすらモノの充実を追いかけていた成長社会から、 モノではなく感情や個性を重視するようになった成熟社会へ。 その時代の変化をしっかりと受け止 …

この時代

「ベルりんの壁」から学ぶ。思い込みを外して世界を広げよう

  【ベルりんの壁】 https://www.youtube.com/channel/UCL4QAojeGy6CJ9R2PwmlmJQ      

SnapShot(5)

農家の販売力を劇的に高めるホームページ開設

  農業を始めて絶対にやらなければならないことが2つあります。 商品をつくって売る。 つまり商品をつくることと、それを売っていくこと。 この2つをやらなければ商売としては成立しません。 当たり前ですね。 当たり …

SnapShot(3)

【書籍紹介】キレイゴトぬきの農業論

  それではまた。 「キレイゴトぬきの農業論」 久松達央/著  新潮社 誤解(1)「有機農法なら安全で美味しい」誤解(2)「農家は清貧な弱者である」誤解(3)「農業にはガッツが必要だ」――日本の農業に関する議論 …

SnapShot(1)

新規就農のタイミング 若けりゃ若いほうがいいのか?

農業を始めるなら、若ければ若いほうがいい。 という意見があります。 一方で。 新規就農者の年齢は60歳以上が半数を占めているし、既存の農業者も高齢化しているのに頑張っている。 年寄りでもできるじゃないか。 という現状があ …

新規就農のタイミング

少量多品種有機栽培農家に共通している「変人」という資質

  今回は。 私がやっているような、たくさんの種類の野菜を育ててそれを家庭や飲食店に向けてお届けしている、いわゆる 野菜の詰め合わせセットをご家庭に直接お届けします! という農家を取り上げます。 らでぃっしゅぼ …

SnapShot

やってみた!とやってみたい!には大きな差がある

統計データではありませんが、サラリーマンから独立して自分で事業を始める、いわゆる起業する人は、 やりたいなーと思っている人10人 に対して1人しかいない。 と言われています。 これはつまり。 夢を描いても実際に行動を起こ …

やってみたとやってみたい
1 2 3 18 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP