一大決心をして農業を始めようと考えている人にとっては、せっかくやるからには長く続けたいでしょうし、できることなら一生の仕事にしたいと思っていることでしょう。
ところが現実はそんなに甘くなくて、就農して10年も経つ頃には同期といってもいいような就農仲間がいつのまにか離農していなくなっていたという悲しい現実が待ち構えていたりします。
    arrow070_01企業生存率は農業では当てはまらない
たとえそうだとしても、やっぱり生き残っていきたいし他人に認められるような農家になりたい。
あなたもそうでしょう?
やる気に満ち溢れている就農前はモチベーションが違います。
そういうもんです。

そのやる気を、そのモチベーションを保ち続けるために、常に頭に入れておいてほしいことがあります。
それは、
自分は将来どんな農家になっていたいのか
を、かなり美化しちゃってもいいので鮮明にイメージしておくということです。
金銭的なことでもかまいませんし、有名になって他人からちやほやされている姿でもいいです。
読書
晴れた日はのんびり畑を耕して、雨の日には縁側で読書をする。
そんな晴耕雨読な生活を夢見てもいいでしょう。
農業法人化してスタッフを100人ほど抱えるようなやり手の経営者をイメージしてもいいでしょうし、プロ●ェクトXのような優秀な経営者や職人にクローズアップした番組に出演している様子を思い描くのもありです。
なんでもいいです。
想像して楽しくなるような、こんなことムリだって~と言いいたくなるようなことでもあくまで想像だと割り切ってイメージしてみてください。

新規就農時に作成するような経営計画のことではありません。
5年後にどれくらいの収益をあげてるのかといった計画のことではありません。
もっと夢のある、農業を仕事にすることによってどんな明るい未来が待っているのかを想像してください。

 

明るい未来

あなたはなぜ、農業を始めようと思ったんですか?
なぜ農業を仕事にしようと思ったんですか?
現在の仕事に不満があったり、農業という仕事に魅力を感じたり、一生の仕事にする価値があると感じたから農業への道を選んでいるはずです。
その道は、決して平たんなものではないかもしれません。
というより間違いなく平たんではありません。
いばらの道かもしれないし、途中にがけ崩れがあって通れないかもしれない。
ゴールまで曲がりくねって遠回りをするかもしれないし、急こう配で進んでいくことに困難を伴うかもしれない。
それでも選んだ農業という道は、やっぱり行き着く先になにか楽しいことが待っていてほしいし、明るい未来を感じられるからこそ選択しているはずです。

近未来
そのゴールにある未来を想像してください。
困難を乗り越えた先にある快楽、快感。
はっきりとイメージできるなら、そこへの道のりはどんなにきつくても歩きとおせるはずです。
はっきりイメージできていないと、高くそびえる壁にぶちあたったときに挫折してしまいます。

誰かが言っていました。
イメージしたことしか実現しない、と。
ぜひ時間をかけて未来を思い描いてみてください。

 

 


 

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機栽培農家・松本がやってしまった間違いとは?

農業をやりたいと考えたときに最も重要なことは

栽培技術の習得

であることは間違いありません。商品ができなければ何も始まりませんから。
ちゃんと作物を栽培できて、ある程度のレベルの農作物を自分で作れるようにならなければ、当たり前ですが買ってくれるお客様はいないわけです。
だから栽培技術を身につけることは最低限やらなければならないはずです。

じゃあここで、あなたが、農業のなかでも難しいとされる無農薬栽培に挑戦しようと考えていたら・・・。自分の育てたものを消費者に直接お届けしたいと考えていたら・・・。

それはほとんどの場合。
有機農業では王道とされる、野菜セット農家になるということです。
たくさんの種類の野菜や果物、米などを育てて、それを詰め合わせボックスという形でお客様へお届けする。
そういう農家です。

当サイトの管理者・松本は、この野菜セット農家になるときに大きな間違いをしてしまいました。

それは・・・

つづきはこちら