農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 自分を知ることが成功への第一歩

自分を知ることが成功への第一歩

小さな農家には小さいなりの戦い方がある 弱者の戦略

ワタミやイオン、セブンイレブンなどの大手企業が農業に参入する。 といった農業への大きな入口がある一方で、新規就農者のほとんどは最初は小さく始めています。 個人で農業をやろうとしている人の中に、企業並みの資金力がある人はそ …

舞の海

親元就農こせがれ農家と非農家新規参入組との圧倒的な差

  農業といえば世襲制。 実家が農家で、それを長男もしくは兄弟のだれかが引き継いでいく。 そんなイメージが強いと思いますし、実際にそのような形で日本の農業は支えられています。 親が朝から晩まで必死に働いて農作物 …

自由の翼

農業を仕事に 岐路で決断するときに何を考える?

人生は、よくレールに例えられます。 中学から高校へ、高校から大学へ、そして就職。 一本のレールのようにまっすぐに道が続いていることから鉄道の線路のように例えられます。 そのレールは決して一本ではなく、ところどころで道が分 …

線路

自己の立ち位置を確立するには? 両極を知りバランスをとる

農業をやりたいと決意したら。 どのようなステップを踏んでいけばいいのかを調べて、実際に行動を起こしていきますよね。 とにかく栽培できなきゃ話にならん! と栽培について勉強しようと考える。 そして、どこで情報が得られるのか …

%e6%b1%a0%e4%b8%8a%e5%bd%b0%e3%81%ae%e5%ad%a6%e3%81%b9%e3%82%8b%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b92

農家は時給という指標をどのように活用すべきか

  一般的に、学生時代にアルバイトをしたり社会人として就職したりするときには 時給や日給、月収 というものを気にすると思います。 働く目的を「お金を稼ぐため」としている人が多いことの証拠みたいなものですが、同じ …

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3

新規就農のハードルは人によって高さが違う

インターネットで色々と調べてみたり、山のようにある書籍を買いあさって読みふけってみたり、あちこちの農家へ見学に行ってみたりして、農業をやりたいという気持ちがどんどん高ぶってくる。 でも決心がつかない。 農業を仕事にしてい …

ハードル

プロとしての自覚を持つ アマチュアとの違いを意識すべき

あなたのまわりに家庭菜園をされている方はいらっしゃるでしょうか。 田舎のじーちゃんばーちゃんが、という話はよくあると思いますが、そうじゃなくても自宅近辺で家庭菜園をされている方がいらっしゃるとかそういう畑をたくさん目にす …

プロとしての自覚

お金・時間のバランス重要だがあくまで手段、目的は人生を楽しむこと

世間がもっている農業のイメージはどのようなものでしょうか? おそらく良いものではないと思います。 3K農業(きつい、臭い、汚い)という言葉があるように、あまりいいイメージを持たれていません。 朝から晩まで働いて、それで裕 …

おカネ2

多品目栽培か少品目栽培か、自身の適正から考える

ひとくちに農業といっても、育てていくものには多くの種類があります。 米、野菜、果樹、花き、畜産 大きくみてもいくつもの分類があるのに、さらに野菜だけみても何十種類という品目が存在します。 それらのなかから自分が本当にやり …

パソコン男性文字付

二極化の時代だからこそ、農家も方向性を定めて突き進もう

今に限ったことではありませんが、農家というのは大きく分けると2つに分類することができるように感じています。 ひとつは。 田舎で暮らしながら農業もやっていきたい、貨幣経済や資本主義社会から一歩身を引いてお金や人間関係に縛ら …

二極化分岐
« 1 2 3 4 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

  • facebook
PAGETOP