週末農業をやりたい人のための学校

今回はお知らせです。
今の生活を続けながら週末農業をやりたい人のための学校をつくりました。
「パラレルファーマースクール」

これまで新規就農といえば、
会社を辞めて農業研修を受け、
大きな初期投資をして農業を始める、
それが普通でした。

収入が途絶えてしまうのである程度の貯金を用意しなければならないし、
農業を始めるためには資材やら機械やら揃えなければならず
多額の初期投資が必要。
20代30代の若者はここで挫折してしまいます。

おまけに初心者が1年やそこら研修を受けたからといって
一人前の栽培技術が身につく保証はなく、
新規就農といえば非常にリスクが大きい冒険をするようなものです。
会社を辞めて一大決心で飛び込んだのに何も保証がない、
恐ろしすぎます。。。

こんなことができるのは本当に一握りの勇者だけ。
危険を冒してまで農業を始めようとするのは、
誰もができることではありません。

でも農業に興味がある人はけっこういます。
暮らしのなかに農を取り入れたいとか、
週末に農業やってお小遣いが稼げたらいいなぁとか、
会社勤めしながら試しに小さく農業やってみたいとか。
なるべくリスクを避けつつ、
農業の世界に足を踏み入れたいと思っている人、
多いんじゃないでしょうか。

これ、なんとかならないかな?
いろいろと考え、あちこちに相談して、構想を練りました。

そうして立ち上がったのが「パラレルファーマースクール」です。

今の生活を続けながら、週末(土日のいずれか)のみで
農業技術・経営の基礎を体系的に学べます。
会社を辞める必要はありません。
有機農業・多品目栽培で野菜を育てている農家が講師なので、
いろんな種類の野菜を育てる技術が身につきます。
「少ない時間で効率よく栽培するコツ」
「小さい面積で大きな利益を生み出すノウハウ」
限られた時間の中で栽培をしなければならない
週末農業に合ったやり方を学ぶことができます。

2022年1月から開校予定です。
初年度なので様子を見ながら、一斉授業というよりは
個別指導塾のような形でやっていきます。
ですので1月からスタートしてもいいですし、4月から通うのもアリです。

ただ、、、
場所が愛知県豊田市なので通える人は限られるかもしれません。
オンライン講義も考えましたが、
オンラインでは栽培の細かなところは見えませんし、
土に触れてこそ分かることも多いです。
通うのは面倒かもしれませんが、
現場で触れられる体験を大切にしたいと思っています。

くわしいことは下記のページに書いています。
興味があれば覗いてみてください。

パラレルファーマースクール(週末農業のための学校)
https://nouest.com/parallel/

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 趣味を仕事にする 家庭菜園出身者の落とし穴

  2. 農業研修する農家を選ぶときのポイント→農家との相性

  3. 野菜栽培と稲作は両立できるのか 選択と集中

  4. 農業研修で心がけること-知識の蓄積

  5. 農業研修は受けるべきなのか

  6. 農業研修で最も大切なポイント・仕組みを盗む