3週間の苦悩

いろいろな都合により松本自然農園は3月と4月の2ヶ月間の出荷を止めています。
これは最初のころは懸命になって休止期間をなんとか短くしようとがんばっていたのですが、今では割り切って2ヶ月間きっちり休んでしまおうと開き直ることにしています。
おかげで心身ともにゆっくりくつろぐことができ、出荷している10ヶ月間はしっかり全力で走ることができます。

こうして出荷を切ると出てくるやっかいな問題が
再開時に野菜をそろえる
ということ。
今年はGWが明けた5月7日から出荷を再開する予定ですが、その日に出荷できる野菜を10種類ちゃんとそろえていることが必須となります。
そこより早く収穫がはじまれば、それを売りさばくための売り先が必要になるし、生育が遅れれば再開時期が遅れてお客さんに迷惑がかかるし。
とにかく5月7日と決めたらそれに向けて野菜の生育をあわせていく。
これが難しいですね。

3月がいつもよりも寒かったせいで、今のところの生育は少し遅れているような感じです。
あと3週間あるのでなんとかなるかなぁと思っていますが、不織布をかけたりかけなかったりして生育を少し調整していくつもりです。
天候とにらめっこして、野菜の様子を見て状況を判断・決定して。
この緊張感、自分でやらないとわかんないですよ。
研修生もきっとわかってないと思います。

残り3週間を楽しみましょうかね。

関連記事

  1. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  2. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  3. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  4. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  5. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?