2回目の豊森なりわい塾

今日は梅雨の合間の貴重な晴れにもかかわらず講座に行ってきました。
しゃべるほうで。

昨年も招いていただいたのですが今回また呼んでもらえたということは講座で必要な話だったと少しは認めてもらえたのかもしれません。
うれしいですね。
で今回はずばり
農業で生計を立てるには
というお題目に沿って話をさせてもらいました。

世間一般的には農業で生計を立てるのは容易じゃないと言われている中で、それでもやり方次第では可能だということを示さなければ農業の衰退は避けられません。
主流になりうる形態ではないけど、農を業とするには正統だ異端だと言ってる場合じゃないし、松本流を知っておくのもアリでしょう。
売上げ・経費・時給などの具体的な数字を示しながら、野菜セットを販売していくことの経営上のメリットデメリットを話しましたが、これがひとつの可能性を示すことになるのなら数字の公開なんぞ安いもんです。

コーディネータの方がしゃべっていた中で松本自然農園の特異な部分として
田舎暮らしなのに経営色が濃いこと
一般的な企業に見られるような無限の成長ではなく上限を設けていること
を挙げておられました。

自分で分かっていたつもりでしたが改めて人から言われるとそうだなぁと納得。
生計を立てることを第一に考えて営農しているので有機農家がよくやる自給用稲作すら手をつけていませんし、定期宅配募集を止めていることから分かるように松本自然農園として求める顧客数・売上げなどには上限を設けて働き過ぎないようにしています。

人様に話すことで自分のやっていることを見直せるという点では有意義な講座でした。
もちろん数字を出すということは松本家の収入を明かすことになるので「うーん」と思うこともありますが。

来年も要請があれば受けるでしょう。
そのときにはどんなことを話すんでしょうか。
同じようなことだと思うけど、もっと分かりやすく話せるようになりたいですね。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  2. 春のアブラナ科抽苔を防ぐ3つの方法

  3. モロヘイヤの初期収量をアップするには

  4. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  5. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  6. 夏野菜の苗で50穴セルトレイを使うのは理由がある