鬼門は春のアブラナ科

ほかの農家さんがどうなのか知りませんが、僕は春のアブラナ科が苦手です。
小松菜、水菜などの軟弱葉物がとくに。
葉そのものを食べる野菜だけに虫食いがあったらNGなのに、春とはいえ暖かく虫も活発に動き回るので葉をかじられてしまうことも多いです。

しっかりと土ができていれば虫に食われずに健康に育つ。
ということが頭でわかっていても、実際にはそんなに条件のいい土壌ばかりに仕上がっていないので苦労するわけでして。
6年分の経験があるのに未だ四苦八苦しています。

とはいえ以前よりはずいぶんとうまくできるように。

カブはこれから玉が太りだしてくる時期ですが現時点では虫食いは皆無だし、

壬生菜だって虫食いなく育っています。

こちらはラディッシュに近い大根の品種ですが、オレって天才?と錯覚するようなホレボレ葉に仕上がっています。
いずれも葉の色は薄めで柔らかく、ぱっと見て虫に食われてもいいような繊細な感じなのですが、それがじつは健康に育っているということなのかもしれません。

同じ圃場内でも虫食いがひどかったりする野菜もあるので、まだまだ安定してアブラナ科を生産するには至っていませんが、ようやくひとつ階段を上がれたような気がします。
ただし出荷を開始する5月までこの状態を維持できるとは限らず、ここから虫食いがひどくなってくる可能性もあるので油断はできませんけど。
6月になればアブラナ科の野菜に頼らなくても野菜セットができるようになるので鬼門は5月。
5月のアブラナ科、今年はうまくいってほしいね。

関連記事

  1. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  2. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  3. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  4. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  5. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  6. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!