高いだけのことはある

いまの育苗ハウスの様子。

今回は市販の有機培土を使っているので発芽の心配はしていません。
きれいにそろいました。
というか発芽率が異常に高いのでびっくりしています。
写真に写っているものだけ見ても99%くらい発芽しています。
発芽していないところを見つけるのが難しいくらい。
いつもだと欠株が多いといやなので1つのセルに2粒ずつ播いたりするのですが、これだと1粒ずつで充分なので培土が高価でも種代が安価になるので助かります。
育苗培土がいかに大事かを見せつけられた感じです。

発芽するかどうかの心配事が減ってくると、そのあとはうまく育ってくれるかどうかが気になります。
キャベツやブロッコリーなどセルトレイで育苗するものについては、とにかく温度や水の調整を間違えるとあっというまにひ弱でヒョロヒョロな苗になってしまうので怖いです。

せっかく良い培土を使っているので良い苗を育てたいものですね。

関連記事

  1. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  2. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  3. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  4. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  5. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  6. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?