雑草とはちがうぞ・・・

じつはちょっと気になっていることがありました。
畑のある場所で、ふだん生えてこないような植物が旺盛に生えてきているのです。
なんだ?
最初はそれほど気にしないで草とりしてました。
けれどもやはり、ほかの場所に生えない草が生えてくるのが気になってしょうがありません。

気にしているようで気にしていない日々が続いていたのですが、今日やっとわかりました。
ピコーンとひらめきました。
昨年、景観をよくしようと思って畝(栽培の列)の先頭に植えてあったペパーミントです。
こいつはハーブなので生命力が強く、一度植えると毎年でてきて手におえないというのを聞いたことがあります。
そのやっかいな現象が起きていたんです。

ペパーミントをタネから育てるのは大変です。
畑に自然に生えてきてくれたのをうまく利用すれば、ハーブ園も夢ではないのか?
いろんな香りが漂う野菜農園ってのもいいんじゃない??

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  5. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!