長期休暇にはちょっと困り事が

来週はお盆休みですね。
松本自然農園にはとくに夏休みなどなく、発送は通常どおりです。
え?休まないの?と気遣ってくれたそこのアナタ、ありがとうございます。
生き物を相手にする農業に夏休みなんてありゃしないんですよ。
といいつつ、月・木曜日の発送日以外は自由に日程を調整できるので大丈夫です。
1weekまるごと旅行、なんてのは無理ですが2~3日だったら出かけられます。
ただしその場合は収穫間隔が短いオクラとキュウリは大きくなりすぎるので、一時的ですが商品にならなくなります。
ナス、ピーマン、トマトあたりは問題ないですね。

世間は休み。
当農園のお客様も帰省したり旅行したりするみたいで、家を留守にするので野菜の発送はお休みさせてほしいというご連絡をたくさんいただきます。
数えてないですが全体の2割くらいは休みます。
うちの売上が減るとかそういうことは全然大丈夫なんですが、夏野菜はどんどん成りつづける果実を収穫していくものが多いので、お盆だろうがなんだろうが収穫量は毎週それほど変わりません。
それで出荷数が減るということは・・・そうです、野菜があふれます。
親戚のところに出かけるので半強制的に置いて帰るとしても、おそらく余るものが出てくるはずです。
ということは、そういうことです。
採れたぶんを出荷数で均等に分配していくので、来週のセットは量が多くなるかもしれません。
これはラッキーですね。
あ、でも箱サイズの制限があるから入れすぎるにも限界があるか。

関連記事

  1. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  2. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  5. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  6. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ