車座ぶじに終わりました

車座集会が終わりました。
いつものことですが「もっと楽しくおもしろい話ができたんじゃないか?」と反省してしまいます。
しゃべりのプロじゃないので多少目をつぶっていただきたいですが、貴重な時間をさいてわざわざ話を聞きにきていただいているので満足して帰ってほしい。
そう思っています。
なにごとも経験ですね、がんばります。

個別に質問されたなかに
夢を持っている人はたくさんいるけど、実際に行動を起こして実現させる人は少ない。
一歩を踏み出せる人とそれが出来ない人の違いはなんだと思いますか?

という問いかけがありました。
こういうのは自己啓発本を読んだり、●●啓発セミナー等に出てみたりすると望んでいる答えが返ってくるんでしょうけど、僕を一歩を踏み出せる人と認定していただけたんだなぁと解釈して偉そうにお答えしました。
自分に自信をもてるかどうか
これだけです。
自分に自信が持てないと「どうせ自分には無理だろう」と言い訳して行動を起こせません。
どうやって自信を持てばいいの?と聞かれても困りますが、ためしに「オレってすごい!」って1日100回くらい口に出してみたらどうですか?
そのあたりはそれこそ自己啓発本を読んでください。

僕はサラリーマンやってた頃、あまり自分に自信が持てませんでした。
実際どこにでもいるような平凡な青年だったと思います。
でも自分を変えたくて、確固たる自信がほしくて、自転車日本一周という目標を設定しました。
現状への不満が爆発してくれたおかげで行動を起こすことができなんとか日本一周達成、手に入れた自信のおかげで無事に農業を始められました。
・・・あれ?
行動のあとに自信がついてますね?
順序が逆?
まあいいか。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  2. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  3. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  6. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!