空き家情報と農地情報

2010年春に豊田市で立ち上がった空き家バンク
中山間地域の定住対策、地域活性化を目的とした制度です。
登録数そのものがまだそれほど多くないので今後の継続・発展に期待したいですが、空き家を借りたい人と貸したい人とを行政がつないでくれるメリットは計り知れません。
僕自身、豊田市に移住するにあたって空き家を探すのには苦労したので、こういう制度がもっと前からあったらよかったのにと思ったりします。

2011年春。
豊田市は農地バンクを立ち上げました。
耕作放棄地の解消と担い手農家の規模拡大、新規就農の促進を目的とした制度です。
農地を借りたい人がスムーズに借りることができるように、貸したい人が安心して貸せるようになるので非常によい制度だと思います。
2009年12月の農地法等の一部改正によって農地の貸し借り条件が緩和されたことが直接の要因だと思いますが、僕が就農するときにすでにあったらよかったのに・・・と悔しい気持ちがあります。
だって借りるときけっこう苦労したもん。

いま研修生がこの農地バンク制度を利用して農地を探していますが、けっこうスイスイ話が進んでいるようなのでうらやましく思って見ています。

空き家情報と農地情報。
両方がスムーズに提供される豊田市。
なかなかあなどれませんよ。
新規就農希望のみなさま、豊田市なんてどうですか?

関連記事

  1. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  2. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  3. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  4. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  5. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  6. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・