空き家情報と農地情報

2010年春に豊田市で立ち上がった空き家バンク
中山間地域の定住対策、地域活性化を目的とした制度です。
登録数そのものがまだそれほど多くないので今後の継続・発展に期待したいですが、空き家を借りたい人と貸したい人とを行政がつないでくれるメリットは計り知れません。
僕自身、豊田市に移住するにあたって空き家を探すのには苦労したので、こういう制度がもっと前からあったらよかったのにと思ったりします。

2011年春。
豊田市は農地バンクを立ち上げました。
耕作放棄地の解消と担い手農家の規模拡大、新規就農の促進を目的とした制度です。
農地を借りたい人がスムーズに借りることができるように、貸したい人が安心して貸せるようになるので非常によい制度だと思います。
2009年12月の農地法等の一部改正によって農地の貸し借り条件が緩和されたことが直接の要因だと思いますが、僕が就農するときにすでにあったらよかったのに・・・と悔しい気持ちがあります。
だって借りるときけっこう苦労したもん。

いま研修生がこの農地バンク制度を利用して農地を探していますが、けっこうスイスイ話が進んでいるようなのでうらやましく思って見ています。

空き家情報と農地情報。
両方がスムーズに提供される豊田市。
なかなかあなどれませんよ。
新規就農希望のみなさま、豊田市なんてどうですか?

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  2. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  3. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  4. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  5. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  6. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?