祭りの予感

昨年あっさりとイノシシにやられてしまったヤーコン。
9月中旬に全滅したため種イモさえ収穫することができず、今年はまた一から出直しました。

ヤーコンは種イモになる部分と食用になる部分が別に存在する変わったイモです。
だから一度栽培を始めると毎年タネを購入する必要もなく、売れるはずの食用イモをタネとして残しておく必要もありません。
食べてみても甘みがあり食感は梨のようにシャリシャリとしていて、生でも食べられるほか火を通して利用することができるフルーツ&ベジタブルというお得な野菜。
人によって好き嫌いは若干見受けられますが全般的にはかなりイケてる野菜だと思います。

diary111022-01.jpg

今年は今のところ順調に育っています。
もっと背丈があってもいいのに・・・と思うような姿ですが台風で倒れただけで伸び具合は申し分ありません。
ヤーコン祭りが期待できそうです。
といいつつ掘ってみるまで分からないのが根菜類のこわいところですね。

関連記事

  1. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  2. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  3. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  4. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある