東京五輪並みの悲願達成

一度やってみたいなぁと思っていたこと。
畑で乾杯。
家と畑が歩いていけるほど近くないこと、飲んでしまうとそのあとの仕事が手につかなくなること、などから実現不可能だと思っていた夢。
先日ついに叶いました。

今はノンアルコールビールなんていう素晴らしい飲み物があるので、飲んでも飲酒運転にならないしその後の仕事に支障が出ません。
しっかりと働いたあとの休憩で研修生と一緒に乾杯しました。

か~うめぇ!
と誰もが思ったことでしょう。
アルコールがないのに酔った気分になったことでしょう。
仕事のあとの一杯、ではなく仕事中の一杯、ですから格別です。

問題なのは腰をおろして本格的に休憩してしまったため、休憩時間がやたらと長くなってしまったこと。
その後にやるはずだった作業が全部終われませんでした。
ビールそのものよりも休憩スタイルに改善が必要です。

ひとりで飲むより大勢で飲んだらおいしいビール。
アルコールの有無は問いません。
今週からしばらく常時4人くらいの研修生がウロウロするにぎやかな状態になるので、暑い日があれば積極的に乾杯したいものです。

関連記事

  1. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  2. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  3. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  4. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  5. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?