昨年から新しく栽培をはじめた野菜。
パパイヤ。
フルーツのイメージのほうが強いと思いますが、沖縄ではパパイヤを青いうちに収穫して野菜として食べているようです。

(本日のパパイヤ苗の様子)
愛知県では越冬できないので毎年タネをまく必要がありますし、パパイヤにとっての生育適温が高めなので秋口には生育が進まず、完熟パパイヤを収穫するころには霜がおりてしまいます。
おそらく青パパイヤの収穫で精一杯かなという感じ。
昨年は果実が大きくなりきれないまま終了してしまいました。

今年こそはパパイヤを食べるぞ、という目標でがんばります。
半分遊びなので景観を楽しむという目的のほうが大きいですが、やっぱり育てるからには収穫までもっていきたいところです。

それともうひとつ。
食用ホオズキです。
こっちは遊びではなく真剣に育てていきます。

(本日のホオズキ苗の様子)
昨年初めて栽培してみたのですが、あまりの美味しさに衝撃を受けてしまいました。
収量の少なさ、収穫の大変さなど問題は多いですが、病気にかなり強いのでトマトがダメな年には代わりに活躍してくれるのではと期待しています。

遊びも取りいれながら残っていく品種、消えていく品種があって松本自然農園の野菜セットは洗練されていくのです。